訪問歯科診療

訪問歯科診療では、寝たきりやお身体が不自由で外出が難しく、歯科医院への通院が困難な方に対して歯科医師や歯科衛生士がご自宅や施設までお伺いし、歯科医院で受けられるものと同等の診療をご提供します。
ご事情があり、通院が難しい方はぜひ一度当院までお気軽にご相談ください。

こんなお悩みや症状はありませんか?

  • 歯が痛い、グラグラする
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきが腫れている、出血する
  • 発音がしにくい
  • 入れ歯が合わない
  • 新しく入れ歯を作りたい
  • うまく飲み込めない
  • 口腔ケア方法がわからない

ご来院が難しい方でも
まずはお電話にて
お気軽にご相談ください!

訪問歯科で受けられる治療

むし歯・歯周病の
治療と予防

歯科医院で受ける治療と同等の処置を行います。レントゲン撮影からむし歯や歯周病などの治療、その後のメインテナンスまで対応可能です。

詰め物や被せ物
抜歯などの外科的処置

重症化してしまい抜歯が必要になった場合も訪問診療で処置することができます。主治医の先生やケアマネージャーの方と連携を取りながら治療を進めますので、ご安心ください。

口腔ケア・リハビリ

訪問時だけでなく、ご自身や周りの方がお口のケアを継続できるようブラッシング指導やお口のリハビリを一緒に行っていきます。

義歯(入れ歯)の
作製・調整・修理

ご自身にぴったり合う義歯を使用することは、ご飯をおいしく食べ、病気のリスクを減らす効果もあります。歯科医院に通えなくても型取りから修理まで行えます。お気軽にご相談ください。

摂食・嚥下の検査
機能向上

食事の際にむせる、喉につかえてしまうなどの嚥下障害や誤嚥性肺炎予防のために口腔ケアやリハビリ、お口のトレーニングによる口腔機能の向上を目指します。

ご高齢の方は要注意!
誤嚥性肺炎の危険性

誤嚥性肺炎とは主にお口の中に存在する細菌やウイルスが誤嚥をきっかけに肺に入り、肺が炎症を起こしてしまう、高齢者に多くみられる病気です。食べ物や唾液が気道に侵入(誤嚥)してしまうと、咳き込んだりむせたりして吐き出すことがほとんどですが、高齢者の多くはこの反応が低下しているため、注意が必要です。

誤嚥性肺炎になりやすい方

ご高齢の方

加齢によりのどの筋肉の衰え、反射が鈍くなることにより、細菌が気管から肺に侵入し、肺炎を引き起こす恐れがあります。

寝たきりの方

寝たきりの状態で食事をすると誤嚥しやすく、咳で吐き出す力も弱っているため誤嚥性肺炎を発症しやすくなります。

病気や障がいを
お持ちの方

脳血管障害(脳卒中・脳梗塞)や神経系疾患などにより、咳反射や嚥下反射が低下し、無意識のうちに細菌が肺に流れてしまい肺炎を発症するケースがあります。

治療費について

訪問歯科診療は全て保険適用です。「医療保険」や「障害者手帳」が適用となり、交通費や出張費はかかりません。要介護(要支援)を受けられている方は医療保険に加え「介護保険」も適用されます。
治療費についても治療方法同様にしっかりご説明させていただき、ご納得いただいてから治療を開始しますので、ご安心ください。

医療保険適用

訪問歯科診療費 + 治療費
健康保険・後期高齢者・
障がい者・生活保護者受給者

介護保険適用

居宅療養管理指導費
※要介護(要支援)の方のみ

※訪問歯科診療費:初診料または再診料
※居宅療養管理指導費:要介護者や要支援者のお宅、施設に歯科医師や歯科衛生士が訪問し、ケアプラン作成に必要な情報の提供や、指導・アドバイスを行う際に発生する料金
※居宅療養管理指導費はケアプランの枠外のため、限度額には影響しません。

訪問可能エリア

入船みなと歯科を中心に半径16km以内が保険適用で訪問可能なエリアです。
中央区と東区は全域訪問可能です。
また、西区、西蒲区、南区、秋葉区、江南区、北区の一部が訪問可能です。

訪問歯科診療の流れ

1ご相談・ご予約

お電話(025-378-1980)にてご予約ください。現在の状況やお悩みをお伺いし、訪問の日時を決定します。
患者様ご本人だけではなく、ご家族や介護者の方からもお申込みいただけます。

2訪問・診療

歯科医師・歯科衛生士が患者様の元へお伺いし、症状の確認やお悩みをお伺いします。
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

3治療計画のご説明

診察結果をもとに治療計画を立案します。治療内容のほかに期間や費用についてもしっかりお伝えします。

4治療開始

治療計画にご納得いただきましたら治療を開始します。治療を強制したり急かしたりすることはありませんのでご安心ください。

5定期訪問ケア

治療後はお一人おひとりに合った口腔ケアプランを作成いたします。お口の環境維持のためにプロによる定期的な口腔ケアやリハビリ、メインテナンスをおすすめしています。

寝たきりの方や病気療養中の方、入院中の方などはご担当医やご担当のケアマネージャーの方と連携をとって治療を行ってまいります。
また、老人施設や障がい者施設の方々とも連携してまいりますので、まずはお気軽にご相談ください。